私たちは「性暴力のない社会」をめざします。

2022年5月13日、富山地方裁判所での裁判員裁判で初めての無罪判決が出されました。女性に性的暴行を加え、けがをさせた男性の「強制性交等致傷罪」を問う裁判です。

裁判所は、大声で助けを求めなかったこと、また、逃げなかったことは不自然であり、被害事実を認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪を言い渡しました。陰部の裂傷については被告の性的行為によって生じたと認めたものの、同意がなかったと認定できない以上、傷害罪は成立しないとしました。

被害者の心理を無視した不当な判決に抗議します。

男性の弁護人は、「陰部に手の指を入れて性的行為を行ったが、性交はしておらず、強制性交罪が成立する余地はない。性的行為については、女性が同意していたので強制わいせつ罪も成立しない。」と訴えていました。

「助けを求められなかったし、逃げられなかったということが全く分かってもらえませんでした。」...これは、被害者の生の声です。恐怖と混乱で硬直し、加害者に従う他ない。そのような状況を想像する余地は、見いだせなかったのでしょうか?

お知らせ

富山駅で署名活動を行います 【8月11日】

ホームページを公開しました。

MORE